本文へ移動

シングルフェイスボンディング

SINGLE FACE BONDING

表生地に樹脂加工をしたトリコットもしくは、不織布を張り合わせる加工です。
この加工によりボリューム感と保形成を持たせることができます。
接着芯には様々な種類がございます。

トリコットタイプ

  • ナイロン100%トリコットのタイプの接着芯です。すべりが良く芯地兼裏地の機能を兼ね備えています。
  • タテの伸びを押さえてヨコの伸びを活かす為、ニット生地には最適です。

加工糸織物タイプ

  • ポリエステル100%加工糸織物の接着芯です。ボンディングする事で、タテ、ヨコの伸びを止める為、可縫製に優れています。
  • これをボンディングする事により保形性やボリューム感が出て生地の用途が広がります。

不織布タイプ

  • 不織布タイプの接着芯です。
  • トリッコトタイプと同様にタテの伸びを止め、ヨコの伸びを活かします。
  • 風合いがソフトなうえ軽量で保形性やボリューム感が出ます。

 また、弊社では、接着の芯地自体に機能性を持たせた特殊なトリコット芯もご用意しております。

SINGLE WARM FACE BONDING

接着用の生布にボリューム感をもたせた接着芯です。張り合わせることにより生地自体にボリューム感をもたせ、ウォーム感と膨らみ感を持たせます。

SINGLE DRY FACE BONDING

生布にフィールドセンサー(吸水・速乾)機能を持たせた接着芯です。ストレッチ性にも優れシワになりにくいのも特徴です。

WIND REFLECT BONDING

極薄のウレタンフィルムとトリコットを組み合わせている接着芯です。防風性にすぐれ、透湿性が高く蒸れにくい機能が特徴です
2021年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る